浅田真央 2015 試合 プログラム 初戦「蝶々夫人」の衣装

浅田真央,蝶々夫人

女子フィギュアスケートの浅田真央の復帰戦は10月3日の
木下グループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン2015
3地域対抗戦です。

浅田真央の2015 試合 プログラム 初戦は新プログラム・フリーでの 曲は「蝶々夫人を。浅田真央 2015 の「蝶々夫人」の衣装や演技構成そして新世界女王トゥクタミシェワとのトリプルアクセル対決が注目です。

浅田真央,復帰,プログラム,構成

浅田真央 復帰 プログラム 構成は?

まずは、世界一になった状態に戻すことと言っている浅田さんですが
その状態に戻すのは並々ならぬ難しさがあるようです。

そして、新世界女王トゥクタミシェワ「トリプルアクセル」と
日本も新日本女王・宮原知子の台頭も浅田真央にとっては大きな驚異ですね。

浅田真央の復帰で演じる「蝶々夫人」の衣装に注目

新プログラム・フリーの楽曲名は「蝶々夫人」

いつもとは違うジャンルとして注目を浴びていますね。

『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、Madama Butterfly, マダマ・バタフライ)とは、プッチーニによって作曲されたオペラの楽曲

長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々とアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描くオペラで

帰らぬ、ピンカートンを待つ楽曲
「ある晴れた日には」有名ですね。

浅田真央さんはラジオで「蝶々夫人」とその衣装について
このように語っています。

浅田真央 蝶々夫人,衣装

浅田真央 蝶々夫人の衣装は

「ショートは女性らしい、ちょっとかわいいような、ちょっとセクシーなような、イケイケの感じの曲」「フリーの蝶々さんは日本人としてアジア人として一度は滑ってみたいと思っていた曲。是非楽しみにしてもらいたいなと思います。」

ちなみに「蝶々夫人」の衣装については

「ちょっと日本ぽい感じの蝶々さんになれたら」

ということです。

日本人としてアジア人として一度は滑ってみたいと思っていた曲と言っていますが、過去この「蝶々夫人」は
荒川静香さんや安藤美姫さんも選曲している曲なんですね。

少し、大人っぽくなった
浅田さんのスケートが見られそうですね。

衣装は日本ぽい感じと言っているので着物風の衣装ではないでしょうかね。
浅田真央,2015,試合,プログラム,初戦,蝶々夫人,衣装,ジャパンオープン,演技構成,トリプルアクセル,構成,動画,曲,フィギュアスケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る